ソファーやベッドの処分法

自治体に粗大ゴミとして処分してもらうには、事前に自治体に連絡をして処分の申し込みをする必要がある。申し込み時に大きさや種類を知らせ、処分費用や収集日、収集場所を教えてもらう。収集日までに処分費用分のゴミ処理券・ゴミシールを郵便局などで購入し、事前に処分品に貼り付けておく必要がある。収集日の朝、指定の収集場所に出し回収してもらう。解体が必要な場合は、前もって解体してから出す必要がある。

粗大ゴミとして出すメリットは、低額で処分してもらえ、立ち合いが不要であることだ。デメリットは運び出しを自ら行わなければならないのと、申し込みをしてから収集まで一定の期間が必要な事である。

不用品回収事業者に回収処分してもらう場合は、まず、処分したい旨連絡をして見積もりを取ることだ。事業者により、金額は様々である。また、引き取り日も即対応してくれるところと時間がかかるところとあるので、数か所に確認をする事が必要である。

リサイクルショップなどで買い取り処分してもらう場合は、査定対象になる場合は査定をしてもらうことになるが、汚れや破れなどがあると引き取ってもらえない場合がある。なお、査定はショップに持ち込む必要が生じるので、手間はかかってしまう。

引っ越しする際に処分するには、引っ越し事業者に処分してほしい旨を伝えて見積もりを取るといい。金額はかかるが、処分してもらえると手間がかからず便利である。引っ越し事業者によっては引き取り処分できない所もあるので、事前確認が必要である。

販売店で新しく購入した場合には、引き取り処分してもらうこともできる。引き取り処分には料金がかかる事が多いが、手間はかからない。大きさや形などを伝えて新しい商品の配達時、又は別便にて引き取りがなされる事が多い。