パソコンの処分法

目覚ましい成長を遂げたパソコンの普及により、新機種が年々生産される事になり、買い替えられるとともに、粗大ゴミとして旧型パソコンが処分されることが多くなった。パソコンには様々な材料を使った部品が複雑に入り混じって使われている。使用できるパソコンは、メンテナンスされて中古市場で取引されるが、故障したパソコンは、一部の部品を外され、粗大ゴミとして処理される。ただし、新規購入する際に使用済みパソコンを販売店に引き取ってもらわなければならない。パソコンは、資源有効利用促進法という法律で、メーカーによる回収・リサイクルをする事が義務付けられているため、自治体などでは回収できない。

まず、家庭用のパソコンをメーカーに無料で回収してもらうには、まず、処分するパソコンにPCリサイクルマークがあるかどうかを、確認する事が必要である。マークがある場合には、無料で回収してもらえる。回収してもらう場合には、各メーカーに申し込みが必要になる。申込時にメーカーからエコゆうパックで表が届く、パソコン郵送時の梱包材料は自ら用意して梱包しなければならない。メーカーが不明なパソコン、自作のパソコンなどはパソコン3R推進協議会に申し込みすれば、数千円の処分料金で処分してくれる。

パソコンを家電販売店で処分してもらう場合は、新しく購入する場合に、不要になったパソコンを下取りや引き取りをしてくれる。買い替え時を利用するのが、手間がかからずに処分できるので便利である。不用品回収事業者に依頼する場合、パソコンだけでなく、家電製品やゲーム機などをまとめて処分してほしい場合などは不用品回収事業者に依頼するのがいい。パソコンのみであれば、パソコン回収専門の事業者であれば、無料で回収してくれる場合が多い。